新着情報

土地の売買で注意しておくべきことについて

土地の値段は、他の財産と比べて高額です。そのため、購入する際には、その情報を慎重に確認しなければなりません。例えば、抵当権が設定されていた場合、所有者が変わっても抵当権は消滅しません。つまり、購入した土地の前の所有者が債務者となる抵当権が設定されていて、債務を返せなくなった時には、次の所有者に対して抵当権が実行される危険もあります。そこで、新所有者は、債権者に代わりに返済をして、抵当権を抹消してもらうように請求することができます。もちろん、ここで返済した債務の額は、本来旧所有者が返済すべきものです。そこで、債務を返済した者は、民法の事務管理や不当利得の規定を根拠として、旧所有者に対して自分が返済した分の債権を主張できることとなります。

沿岸の土地の物産を販売する

長距離フェリーを航行させる会社が船内において、売店を設置するということがあります。売店では、飲食物やグッズといったものを販売するということを考えることができます。このとき、他に売るものとして出発地や到着地そして沿岸の土地の物産を挙げることが可能です。 長距離フェリーは、いくつもの土地の沖合いを通過することからその場所限定の物産を売る方法があります。フェリー会社にとってはその土地の自治体に対する貢献という側面を持つことになります。さらに、その場所でしか売っていないものを取り扱うことで利益増加を見込むことが可能です。他方で、その地域にとっては物産を売る場所が拡大するというメリットが存在しています。それに伴って、売上が上昇するという利得を挙げるということができるようになります。そして、フェリーの乗客にとっては船内でその土地の物産が購入できるという利点があります。 長距離を航行するフェリーにとって、通過する沖合いの先にある土地の物産を扱うことには長所が存在しています。また自治体からすると、物産を取り扱ってもらうことで販売と宣伝を期待することが可能となります。そして、乗客の視点ではその地域に行かなくても物産が買えるという環境が整備されることに繋がります。

3069 6/4

Copyright ©All rights reserved.沿岸の土地の物産を販売する.